ニュースまとめ

大手取引所コインベースのカストディサービスでリップル(XRP)承認受ける

アメリカの大手取引所coinbase(コインベース)のカストディ(資産管理)サービス「Coinbase Custody」が、ニューヨークの規制当局から認可されたことが明らかになりました。

仮想通貨取引サービスでXRP上場なるか

「Coinbase Custody」は10月23日(火)にニューヨークの規制当局から信託憲章の交付を受け、ニューヨーク州銀行法の下でカストディサービスの展開を行えるようになりました。承認を受けた対応通貨は、当初発表されていたビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)ライトコイン(LiteCoin/LTC)に加え、規制当局の公式発表でリップル(Ripple/XRP)が新たに加わったことが判明しました。
XRPは8月に発表された追加を検討している40通貨の中に含まれていました。coinbaseの仮想通貨取引サービスにもXRPは上場するのか、今後も注目です。

ニューヨークの規制当局(DFS)による公式発表はこちら

関連記事

日本進出決定!仮想通貨取引所coinbase(コインベース)で入出金をするには?詳しい方法や注意点を解説
大手取引所コインベース、初となるステーブルコイン上場!USDCoin(USDC)が取扱い可能に
大手取引所コインベースのカストディサービスで40通貨追加へ!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。