デジタルマネーで給与受取りが可能に!キャッシュレス決済の後押しとなるか

厚生労働省は、企業などがデジタルマネーで給与を従業員に支払えるようにする方針を明らかにしました。

2019年から開始へ。仮想通貨は対象に含まれず


従来の給与支払いは、通貨で直接従業員に全額支払うことが労働基準法で定められており、例外として銀行振込が認められていました。
今回厚生労働省が明らかにした方針によると、2019年から給与を銀行口座を通さずにカードやスマートフォンの決済アプリなどを使って送金できるようになるとのこと。入金された給与はATMなどで月1回以上、手数料なしで現金で引き出せるようにするとしています。なお給与として送金されるデジタルマネーの種類で、価格変動の激しい仮想通貨は対象外となっているようです。
最近では、日本でキャッシュレス決済を普及させようという取り組みが活発化してきています。給与受取りがデジタルマネーで受け取れるようになることで、キャッシュレス決済の後押しとなるかもしれません。

関連記事

ファミリーマートが11月からバーコード決済を導入!「LINE Pay」「d払い」「Alipay(支付宝)」など6種類が対応
国内での仮想通貨決済が加速する!?日本政府がキャッシュレス決済の税制優遇へ
“レジ無し”ローソンオープン!コンビニでのキャッシュレス決済加速となるか

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。