ビットコイン(BTC)連動ステーブルコイン「Wrapped Bitcoin(WBTC)」2019年1月に発行へ!

仮想通貨ウォレットを提供するBitGo(ビットゴー)が、ステーブルコイン「Wrapped Bitcoin(WBTC)」を発表しました。

ETHベースのステーブルコインに

「WBTC」はビットコイン(Bitcoin/BTC)と連動しているイーサリアムベースのステーブルコインとなっています。2019年1月下旬には、カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)グノーシス(Gnosis/GNO)、メーカーダオ(MakerDAO)など13のプロジェクトが、「WBTC」を採用するとしています。
BitGoによると、「WBTC」は主要な仮想通貨であるビットコインに安定性や価値をもたらすとのこと。さらに、イーサリアムブロックチェーン上のビジネスに仮想通貨を適用できると主張しています。

関連記事

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
「ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」とは?仮想通貨の重要ワードを解説!
中国でビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインダイヤモンド(BCD)が「財産」として認められる

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。