リップル社がグーグルのプロダクトマネージャーAmir Sarhangi氏を採用!RippleNetのさらなる拡大目指す

Ripple(リップル)社が、Google(グーグル)のプロダクトマネージャーであるAmir Sarhangi(アミル・サルハンギ)氏を採用したことが明らかになりました。

大手企業の人材採用が相次ぐ


サルハンギ氏は、GoogleにてRCS(リッチコミュニケーションサービス)の開発を手がけていました。リップル社ではRippleNet(リップルネット)の開発に携わり、RippleNetのさらなる拡大を目指していくとのことです。
リップル社は7月に、Facebook(フェイスブック)でグローバルペイメントディレクターを務めていたKahina Van Dyke氏も業務執行役員として採用しています。大手企業で務めていた人材のノウハウを活用することで、リップル社のサービスはさらに拡大していくことでしょう。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社の「RippleNet(リップルネット)」とは?
リップル社が元Facebookのグローバルペイメントディレクターを業務執行役員として採用!
インドの取引所CoinDCXでリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)がインドルピー(INR)と取引可能に

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。