金融庁「ステーブルコインは仮想通貨ではない」

日本の金融庁が、法定通貨と連動する通貨「ステーブルコイン」は仮想通貨でないと見解を示したことが明らかになりました。

ステーブルコイン発行者は「前払式支払手段発行者」として登録が必要


海外メディアの「Bitcoin.com」によると金融庁は「原則として、法定通貨と連動するステーブルコインは改正資金決済法に基づいて『仮想通貨』のカテゴリーに分類されない」と明らかにしました。さらに、ステーブルコインの発行者は「前払式支払手段発行者」として金融庁に登録する必要があるとのことです。

新たなステーブルコインの発行が近頃増加しており、ウィンクルボス兄弟の「Gemini Dollar(ジェミニドル/GUSD)」、GMOインターネットの「GMO Japanese YEN(GJY)」のほか、ステーブルコインをひとつにまとめるHuobi(フォビ)の独自通貨「HUSD」も発表されています。
さらにステーブルコインを上場させる取引所が急激に増加しており、世界中でステーブルコインの需要が高まってきているようです。今後も、各ステーブルコインの動向をチェックしておきましょう。

関連記事

Huobi(フォビ)の特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法を解説!取引高世界3位の取引所!
ステーブルコイン」や「ペッグ通貨」とは?仮想通貨の重要ワードを解説!
大手取引所フォビが4つのドルペッグコインを統合する独自通貨「HUSD」を発表!
GMOが日本円連動のペッグコイン「GMO Japanese YEN(GJY)」を2019年に発行!
ウィンクルボス兄弟がドルペッグコイン「Gemini dollar」発表!

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。