仮想通貨とブロックチェーンがテーマの映画「Trust Machine: The Story of Blockchain」がニューヨークで公開!

仮想通貨とブロックチェーンを題材にした映画「Trust Machine: The Story of Blockchain」がアメリカ・ニューヨークで公開されました。

ETH共同設立者も映画製作に参加

「Trust Machine: The Story of Blockchain」はイギリス人のAlex Winter(アレックス・ウィンター)氏が脚本と監督を務めた映画であり、開発者のサトシ・ナカモトについて触れているビットコイン(Bitcoin/BTC)の歴史からブロックチェーンの可能性まで描かれた1時間24分の映画となっています。なお、映画のエグゼクティブプロデューサーとしてイーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者で知られるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏も参加しています。

映画は10月26日(金)にニューヨーク・マンハッタンにある映画館「Cinema Village」で公開され、作品の上映だけでなくウィンター氏と映画の出演者が登壇し質疑応答も実施。チケットは完売したとのことです。なお、11月16日(金)からはロサンゼルスの映画館でも上映が予定されています。

関連記事

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
ビットコイン開発者「サトシ・ナカモト」の謎に迫る!
ジョニー・デップ氏が仮想通貨ビリオネアのマシュー・メロン氏の伝記映画主演へ!?
ハリウッド映画『Crypto』製作へ!仮想通貨とマネロンをテーマにしたサスペンス

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。