マツモトキヨシが中国の大手決済サービス「Alipay(アリペイ)」に対応!

ドラッグストア大手のマツモトキヨシが、決済サービス「Alipay(アリペイ)」に対応することが発表されました。

中国人観光客の決済利便性向上へ


「Alipay」は、実店舗でのQRコード決済やオンライン決済を行うことができる中国の決済サービスです。中国では最大のシェアを誇る決済サービスとなっており、キャッシュレス決済の導入が盛んな中国で欠かせない決済サービスの1つとなっています。 

日本でもローソン、ビックカメラ、ドンキホーテなど多くの店舗で「Alipay」決済が導入されていますが、マツモトキヨシも全店舗で「Alipay」決済を導入することが発表されました。マツモトキヨシには多くの中国人観光客が訪れていることから、マツモトキヨシに来店する観光客の増加や決済の利便性向上が期待されています。

また「Alipay」を運営するAnt Financial(アント・フィナンシャル)は、香港とフィリピン間の送金サービスや健康保険サービスでブロックチェーンの活用が行われています。決済サービスのみならず、ブロックチェーンを活用したサービス開発も手がけるAnt Financialに今後も注目です。

関連記事

ファミリーマートが11月からバーコード決済を導入!「LINE Pay」「d払い」「Alipay(支付宝)」など6種類が対応
アリペイ運営のアント・フィナンシャルがブロックチェーン活用の香港ーフィリピン間送金サービスを開始
アリペイ運営のアント・フィナンシャルが1.5兆円調達へ!ブロックチェーン、AI開発に投資

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。