リップル社、200社以上と提携!ドバイに新オフィス設立へ

Ripple(リップル)社が200以上の企業と提携を行なっていることが明らかになりました。

今後は中東進出を目指す

リップル社のDilip Rao(ディリップ・ラオ)氏は、ドバイで行われたイスラム経済に特化したサミット「The Global Islamic Economy Summit (GIES)」でスピーカーとして登壇。今後中東への進出を目指しており、ドバイを中東での最初のターゲットとしていることを明らかにしました。なお、2018年内にドバイに新オフィスの設立を予定しているとのことです。
さらにラオ氏は、リップル社と提携を行う企業が200社を越えたと発表。200社のうち多くの企業が中東の企業であることがわかっており、「中東市場は今後最も急速に成長するだろう」と述べています。

リップル社のRippleNet(リップルネット)には、これまでにNational Commercial BankやUAE Exchangeといった中東の金融機関が加盟しています。「イスラム金融(イスラム法の教えに沿って展開される金融)」が展開されている中東で、リップル社が今後中東でどのような動きを見せるのか、今後も目が離せません。

関連記事

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
リップル社のRippleNetに中東最大の銀行National Commercial Bankが加盟!
リップル、中東最大級の送金サービス「UAEエクスチェンジ」と提携
リップル社の「RippleNet(リップルネット)」とは?

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。