ニュースまとめ

「仮想通貨」が2018年の新語・流行語大賞候補にノミネート!

本日11月7日(水)に「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表されました。

「ビットコイン」以来4年ぶりに仮想通貨関連用語がノミネート


新語・流行語大賞では「(大迫)半端ないって」「カメ止め」「U.S.A.」など2018年に大きな話題になったワード30語がノミネートされる中、「仮想通貨」がノミネートされたことが明らかになりました。
また「仮想通貨」と共に「ダークウェブ」もノミネート。ダークウェブは、1月に発生した国内取引所Coincheck(コインチェック)のネム(NEM/XEM)流出事件の犯人が売却で利用し、話題になっていました。

なお2014年の新語・流行語大賞では「ビットコイン」がノミネートされており、仮想通貨関連の用語がノミネートされるのは4年ぶりとなります。2018年はインターネット上だけでなく、テレビや新聞などでも仮想通貨用語を耳にする機会が多くみられました。

関連記事

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
仮想通貨ネム(NEM/XEM)。特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?評価やよくある質問も紹介!
新経営体制発足!仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)の特徴・登録方法、使い方

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。