ニュースまとめ

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)、過去最大規模のエアドロップ開催!総額142億円相当を配布へ

仮想通貨ウォレットの提供を行うBlockchainStellar(ステラ/XLM)のエアドロップ実施を発表しました。

Blockchainのウォレットユーザーから優先してXLMを無料配布

エアドロップでは総額約1億2,000万ドル(142億円)相当のXLMを、Blockchainのウォレットユーザーに無料配布するとのことです。エアドロップは数ヶ月に渡って行われる予定であり、Blockchainのウォレットユーザーから優先して配布されます。

Stellarはリップル(Ripple/XRP)を開発したJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏のプロジェクトから生まれた仮想通貨として知られており、ソフトウェア大手のIBMではドルペッグコイン「Stronghold USD(ストロングホールドUSD)」や決済システム「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」にてStellarが活用されています。

今回のエアドロップはStellarの普及を目的としており、エアドロップを通じてStellarのさらなる成長が期待されています。

関連記事

仮想通貨Stellar Lumens(ステラ・ルーメンズ)の特徴と将来性、取引所は?
IBMがStellar(ステラ)活用の決済システム「IBMブロックチェーン・ワールド・ワイヤー」発表!
IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿