BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

三菱UFJ銀行とブラデスコ銀行、リップル社のシステムを活用した日本・ブラジル間の国際送金システム開発へ!

三菱UFJ銀行とブラジルのBanco Bradesco(ブラデスコ銀行)が、日本・ブラジル間における国際送金システムを共同で開発していくことが明らかになりました。

リップル社のシステムを活用した送金システムを共同開発へ

ブラデスコ銀行はブラジルの4大銀行のうちの1つであり、南米を代表する総合金融グループとも言われています。過去にも三菱UFJ銀行と提携し、日本在住のブラジル人に対して三菱UFJ銀行のサービスをポルトガル語で展開していました。

三菱UFJ銀行とブラデスコ銀行は今回、日本・ブラジル間の国際送金システム開発に関する覚書を締結したことが明らかになりました。国際送金ではRipple(リップル)社のシステムを活用していくとのこと。開発を通じて、高速かつ透明性・追跡性に優れた国際送金の実用化・商用化を目指していくとしています。

ブラデスコ銀行と同じく、ブラジルの4大銀行のうちの1つであるItaú Unibanco(イタウ・ウニバンコ銀行)は2018年2月にRippleNetに加盟しています。さらに、ブラジルの取引所であるOmniTradeとMercado BitcoinにXRPが上場しており、今後ブラジルでXRPの流動性がさらに向上していくことが期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派で、LINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。
PAGE TOP