ニュースまとめ

リップル社のxCurrent活用送金アプリ「MoneyTap」がアップデート!送金してきた相手が確認可能に

SBI Ripple Asiaの送金アプリ「MoneyTap(マネータップ)」の最新バージョンの配信が、本日11月14日(水)より開始しました。

iOS版が先行で配信開始。Android版も順次配信予定

「MoneyTap」は、Ripple(リップル)社のシステム「xCurrent」と分散台帳技術(DLT)が活用されたアプリとなっています。銀行の口座番号や携帯番号、さらにQRコードを用いた手数料無料の送金が24時間365日いつでも可能。住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の口座を登録して「MoneyTap」を利用することができます。

本日から配信されている「MoneyTap」の最新バージョンでは従来の「振込履歴」に加え、「誰から送金を受けたかが確認できる機能」が新たに実装されています。
なお、最新バージョンはiOS版が先行で配信されており、Android版も順次配信予定とのことです。

また「MoneyTap」は11月16日(金)まで開催されているシンガポールの「Singapore FinTech Festival 2018」に出展。「MoneyTap」を使った送金のデモンストレーションが会場で行われました。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。