ニュースまとめ

国税庁が仮想通貨の確定申告を簡易化!税金に関するFAQと自動計算ツール公開

国税庁が公式サイト上で「仮想通貨関係FAQ」の公開を開始しました。

「年間取引報告書」のデータを入力するだけで簡単に税金の計算が可能に

現在、仮想通貨は「雑所得」として取り扱うことになっており、所得税の確定申告が必要となっています。しかし、頻繁に売買を行なったり海外の取引所を利用すると、仮想通貨の所得税の計算が複雑になってしまうことがありました。
国税庁は仮想通貨の所得税の計算で発生している問題を改善するために、これまでに「仮想通貨取引等に係る申告等の環境整備に関する研究会」を複数回開催してきました。
そして11月21日(水)からは公式サイト上で「仮想通貨関係FAQ」の公開を開始。「仮想通貨関係FAQ」では税務上の仮想通貨の取り扱い方が記載されているほか、エクセルで作成された税金の自動計算ツールも公開されています。
本年分から仮想通貨交換業者から「年間取引報告書」がユーザーに交付されることになっています。「年間取引報告書」に記載されているデータを自動計算ツールに入力することで税金額を自動で算出することができ、確定申告を従来より簡単に行えるようになります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。