ニュースまとめ

アメリカ初!ビットコイン(BTC)で税金の支払いが可能に

アメリカ・オハイオ州にて、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を用いた税金の支払いが可能になることが明らかになりました。

「BitPay」を通じてビットコインで税金支払い

オハイオ州では11月26日(月)から、ビットコインを用いた税金決済サービスを開始予定。まずは法人向けにサービスの対応を開始し、のちに個人でも支払いができるようになるとしています。
タバコの販売税や従業員の源泉徴収税などさまざまな税が対応するとしており、企業は「OhioCrypto.com」に登録することで同サービスを導入することが可能。決済は仮想通貨決済業者「BitPay(ビットペイ)」を通じて行われるとのことです。

ビットコインを用いた税金決済はオハイオ州が初めて導入すると言われており、オハイオ州のJosh Mandel(ジョシュ・マンデル)財務官は「ビットコインは、通貨として正当な形態であると思っている。他の州も同様に行うことを望んでいる」と述べています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。