HTCのブロックチェーン活用スマホ「Exodus 1」、Litecoin(ライトコイン/LTC)で購入可能に

台湾の家電メーカー大手HTCが手がけたブロックチェーン活用のスマートフォン「Exodus 1」購入時の決済手段として、新たにライトコイン(LiteCoin/LTC)が対応しました。

価格は39.68LTC。現在の相場で約11万円

「Exodus 1」は2018年5月に発表されたスマートフォンであり、システムでブロックチェーンが活用されていることから多くの注目を集めました。

10月からは「Exodus 1」の予約注文受付が開始。支払いは仮想通貨のみ対応しており、ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)を使って決済を行うことが可能です。
今回新たにライトコイン(LiteCoin/LTC)も対応したことで、ライトコインを使って「Exodus 1」を購入することができるようになりました。価格は39.68LTCであり、12月7日(金)11:35時点の相場で約11万円となります。

また「Exodus 1」のアドバイザーとして、ライトコインの創業者で知られるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が就任しています。「Exodus 1」に搭載されているウォレット「Zion Wallet」でも、ビットコインやイーサリアムと合わせてライトコインがサポートされています。

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。