ニュースまとめ

韓国大手取引所Coinoneの子会社、海外送金サービス「Cross」でリップル社のxCurrent活用!

韓国の大手仮想通貨取引所Coinoneの子会社であるCoinone Transferが、海外送金サービス「Cross」においてRipple(リップル)社のxCurrentの活用を開始しました。

韓国とタイ・フィリピン間の送金を活発に

Coinone Transferは、5月にリップル社のRippleNet(リップルネット)に加盟。また、10月からサービスを開始した「MoneyTap(マネータップ)」を提供するSBI Ripple AsiaとxCurrentのライセンス契約を締結し、Coinone TransferのサービスでxCurrentを採用することを発表しています。

今回xCurrentが採用された「Cross」は、韓国では初となるブロックチェーン活用の海外送金サービスとなっています。RippleNetに加盟するタイのサイアム商業銀行やフィリピンのCebuana Lhuillierを通じて、サービスを提供していくとのことです。
タイやフィリピン出身の労働者が多く働いている韓国において、タイやフィリピンへの送金で「Cross」を活用する機会が今後増えていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。