韓国大手取引所Coinoneの子会社、海外送金サービス「Cross」でリップル社のxCurrent活用!

韓国の大手仮想通貨取引所Coinoneの子会社であるCoinone Transferが、海外送金サービス「Cross」においてRipple(リップル)社のxCurrentの活用を開始しました。

韓国とタイ・フィリピン間の送金を活発に

Coinone Transferは、5月にリップル社のRippleNet(リップルネット)に加盟。また、10月からサービスを開始した「MoneyTap(マネータップ)」を提供するSBI Ripple AsiaとxCurrentのライセンス契約を締結し、Coinone TransferのサービスでxCurrentを採用することを発表しています。

今回xCurrentが採用された「Cross」は、韓国では初となるブロックチェーン活用の海外送金サービスとなっています。RippleNetに加盟するタイのサイアム商業銀行やフィリピンのCebuana Lhuillierを通じて、サービスを提供していくとのことです。
タイやフィリピン出身の労働者が多く働いている韓国において、タイやフィリピンへの送金で「Cross」を活用する機会が今後増えていくことでしょう。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。