「仮想通貨」が「暗号資産」に名称変更へ。金融庁が発表

金融庁が「仮想通貨」の名称を「暗号資産」へ変更すると明らかにしました。

日本でも「暗号資産」で名称統一


金融庁は、12月14日(金)に行われた有職者による「仮想通貨交換業等に関する研究会」において、仮想通貨の名称を「暗号資産」へ変更すると明らかにしました。
海外で行われる「G20」などといった国際会議では「暗号資産」という表現が主に使われているため、日本でも「暗号資産」で名称を統一をするとしています。また、ビットコイン(Bitcoin/BTC)などは支払い・送金だけでなく投資として使われる機会が多く、法定通貨と区別すべきという指摘が出ていたとのことです。

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。