BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

DMMグループ 新ブランド名「DMM Bitcoin」で2018年1月11日より仮想通貨取引サービスのスタートを発表

DMMグループが2017年12月12日をもって株式会社東京ビットコイン取引所から株式会社DMM Bitcoinに商号変更を行い2018年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始したことを発表しました。

新ブランド「DMM Bitcoin」のプレスリリース

DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所の商号変更及び 平成30年1月からの 新ブランド「DMM Bitcoin」での取引サービススタートのお知らせ


株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲 http://www.dmm.com/ 以下DMM.com)は、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号)が、平成29年12月12日をもって株式会社DMM Bitcoinに商号変更を行い、平成30年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申し込み受付を開始することをお知らせいたします。

■商号変更について

DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所(新商号:株式会社DMM Bitcoin)は、平成29年9月26日に、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局へ提出し、約2か月にわたる審査を経まして、平成29年12月1日付にて、登録完了の通知を受領いたしております。
平成30年1月より「DMM Bitcoin」ブランドによる新システムサービスのリリースを予定し、コーポレート・ブランドを効果的に向上することを目的として、平成29年12月12日をもちまして、「株式会社東京ビットコイン取引所」から「株式会社DMM Bitcoin」へと商号変更をいたしました。

※上記DMMプレスリリースより引用

DMM Bitcoinのサービス概要について

DMM Bitcoinのサービス概要によると『現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペアの取り扱い通貨ペア(入出庫可能仮想通貨は、当初、ビットコイン及びイーサリアム)』、『レバレッジ5倍のレバレッジ取引のご提供』、『PC版及びスマホアプリでの取引ツール』、『24時間365日での利用者サポート』、『無料等の充実したサービス』などが想定されているようです。

DMM Bitcoinサービス詳細

仮想通貨取引の新サービスオープン&口座開設受付開始告知ページに取り扱う通貨等に関しても記載されています。

取引できる仮想通貨は7種類 現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能

大手企業でありDMM FXなどの知見も持ち合わせたDMM Bitcoinに投資家達のニーズは集まりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial