リップル社と提携の大手送金サービス「Western Union」、仮想通貨送金サービス開始か

アメリカの大手送金サービス「Western Union(ウエスタンユニオン)」が、仮想通貨送金サービスの実施を検討していることが明らかになりました。

Western Union「仮想通貨は世界中で取引通貨の一つとなるだろう」

Western UnionのOdilon Almeida(オディロン・アルメイダ)氏は2018年6月に「仮想通貨送金サービスの追加は当面ない」と発言していましたが、公式サイトにて「仮想通貨は、世界中の企業や人々が取引する通貨や資産の一つとなるかもしれない。そうなった場合、Western Unionは仮想通貨送金サービスを始める準備ができている」と述べています。

Western UnionはRipple(リップル)社と提携しており、過去にXRPを利用したブロックチェーン基盤の決済システムのテスト運用を行なっています。仮想通貨送金サービスを前向きに検討する、Western Unionに多くの注目が集まってきています。

▼関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派で、LINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。