仮想通貨がなくてもDAppsが利用可能に!開発者向けサービス「Uniqys Transaction Proxy」ベータ版の事前登録開始

ゲームアプリを手がけるモバイルファクトリーの子会社であるビットファクトリーが、DApps開発者向けサービス「Uniqys Transaction Proxy」ベータ版の事前登録受付を開始しました。

日本円でDApps利用が可能に


DAppsを利用するためにはイーサリアム(Ethereum/ETH)の購入や取引1回毎のGAS代(イーサリアムの利用手数料)の支払いなどが必須となっており、ユーザー参入のハードルが高くなっていました。
開発者向けサービス「Uniqys Transaction Proxy」ではイーサリアムを所持する必要がない、日本円でのDAppsの利用を実現します。ユーザーが日本円をビットファクトリーへ払うことで、ビットファクトリーが代理でGAS代の支払いを行います。
日本円でのDApps利用を実現することでユーザー参入のハードルが下がり、開発者はDAppsユーザーをさらに拡大していくことができるとしています。

現在「Uniqys Transaction Proxy」ベータ版では事前登録受付を実施中。ベータ版では、テストネットでイーサリアムトランザクションの代理発行の仕組みを無料で試すことが可能です。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。