出国で1,000円を徴収する「国際観光旅客税」が本日から開始。観光基盤を強化へ

日本国内において、本日1月7日(月)から「国際観光旅客税」の適用が開始されました。

観光分野の基盤強化へ


「国際観光旅客税」は、日本から船舶や航空機を利用して出国する際に1人あたり1,000円を徴収する仕組みとなっています。
税は船舶や航空機のチケットに上乗せし、入国後24時間以内の出国や2歳未満の場合は非課税になるとのことです。

税収は観光分野の基盤強化に活用するとしています。空港における顔認証を利用した自動出入国審査ゲートの拡充や、外国人観光客に向けた多言語での文化財の案内の充実などに充てていくとのことです。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。