中学生・高校生から最大10万円で投資体験!GMO、村上世彰氏、幻冬舎の「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」参加受付開始

GMOインターネットが投資家の村上世彰氏、幻冬舎と共同で行う「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の参加受付が開始されました。

村上氏「子どものころからお金について学び、触れ合い、仲良くなることが大切」


以下、プレスリリースより引用。

 一般財団法人 村上財団(以下、村上財団)とGMOインターネットグループは、共同で取り組んでいる「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の特設サイト(URL:https://imakimi.jp/)をオープンし、本日2019年1月8日(火)より参加希望者の受付を開始いたしました。
 「子どもの投資教育・実体験プロジェクト(以下、本プロジェクト)」とは、日本の中学生・高校生(※1)を対象に、最大10万円の資金で実際に投資体験をしてもらうものです。投資を行っていただく資金は、村上財団が子どもひとりにつ
き最大10万円を支援いたします。

(※1)本プロジェクト正式申し込みの際に、日本国籍をもつ中学生もしくは高校生が対象となります。

「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の立ち上げ背景

 政府の経済政策の一つとして2001年に掲げられた「貯蓄から投資(資産形成)へ」は、現在においても十分に浸透したとはいえない状況です。
こうした中、村上財団の創設者である村上世彰は、「子どものころに実際に投資を体験し、お金と向き合うことで、正しいお金の使い方を理解し、お金について真剣に考えるまたとない機会になる」という考え方に基づき、子ども向け投資教育に取り組んでいました。しかし、子どもが投資リスクを負うことに対する懸念や、自由に使える資金が手元にないなどの理由で、親とその子どもの双方が投資に興味を持っていても、実際には踏み込めない方が大半です。
そこで、日本の将来を担う子どもたちに、投資を体験してもらう機会を提供する本プロジェクトを2018年9月に立ち上げました。現在、本プロジェクトの実施に向けて、村上財団とGMOインターネットグループ、幻冬舎の3社で準備を進めています。

プロジェクト概要・参加希望者の受付について

本プロジェクトは、「お金はただ貯めこむのではなく、正しく使う=お金を循環させることで、経済も成長を続け、しなやかで元気な社会を作ることができる。そのためには子どものころからお金について学び、触れ合い、仲良くなることが大切。」という村上の考えに基づき、証券市場や金融市場で、子どもたちに実際に投資を体験してもらうことを目的としています。こうした体験を通じて、子どもが株式投資について考え、知識を得る機会を創出すると共に、親の投資への関心を高め、継続的な投資機会の創出につながることを期待しています。
そして、子どもたちが投資体験に用いる資金は、村上財団が最大10万円を支援し、投資を体験してもらう取引環境の整備・提供は、GMOインターネットグループが行います。

参加希望者の受付について

「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」の特設サイトをオープンし、本日より参加希望者の受付を開始いたしました。

■特設サイト:https://imakimi.jp/
■受付方法 :特設サイトに設置されたフォームから必要事項をご入力のうえ、ご登録ください。後日事務局よりご登録いただいた 連絡先宛に、参加方法の詳細をメールにてお送り致します。
■対象:日本国籍をもつ中学生・高校生
■スケジュール:2019年2月開始予定

参考

2018年9月6日発表「子どもたちへ投資の機会を提供 村上世彰氏の「子どもの投資教育・投資体験プロジェクト」に、幻冬舎、GMOインターネットグループが参画」
URL:https://www.gmo.jp/news/article/6152/

以上

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。