ニュースまとめ

フランスのコンビニでビットコイン(BTC)の販売が開始!現金で購入可能

フランス・パリのコンビニにおいて、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の販売が開始されました。

フィンテック企業のKeplerkのシステムを活用


フランスの「タバ」と呼ばれるタバコや宝くじなどを販売する簡易コンビニにおいて、現金で購入可能なビットコインの販売が開始されました。
この取組みはフランスのフィンテック企業であるKeplerkが協力。Keplerkは2018年末にレジシステムのプロバイダと提携したことで、オンラインでビットコインと交換できる引換券をタバで発行できるようにしています。

Keplerkの共同創設者であるAdil Zakhar氏は「ビットコインをオンライン上で購入するのは難しいと感じる人がいる。彼らはビットコインを匿名のオンライン上で購入するより、タバのオーナーから購入する方が信頼があると考えている」と述べています。
またZakhar氏は、2月までに同様のサービスを最大6,500店に導入したいと明らかにしています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。