ニュースまとめ

仮想通貨取引所Bakkt(バックト)、初となる買収を発表

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社Intercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所/ICE)の仮想通貨取引所であるBakkt(バックト)が、先物取引業者のRosenthal Collins Group(RCG)を買収したと発表しました。

リスク管理、顧客確認などを強化へ

Bakktは2018年8月にNYSEの親会社であるICEが立ち上げた仮想通貨取引所です。ビットコイン(Bitcoin/BTC)先物取引のサービス開始を目指しており、現在は米商品先物取引委員会(CFTC)から承認待ちの状態。2019年初め頃に開始日が明らかになることが発表されています。

今回RCGを買収することで、Bakktにおけるリスク管理や資金運用といった専門知識、そしてAML(アンチマネーロンダリング)やKYC(顧客確認)を強化していくとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。