ニュースまとめ

Ethereum(イーサリアム/ETH)のハードフォーク「Constantinople(コンスタンチノープル)」延期に

日本時間の1月17日(木)13:00頃に実施が予定されていたイーサリアム(Ethereum/ETH)のアップデート「Constantinople(コンスタンチノープル)」が、延期になることが発表されました。

セキュリティの脆弱性が発見され延期に

「Constantinople」は第7,080,000ブロックで実施されるハードフォークであり、2018年11月から実施が延期されていました。
日本時間の1月17日(木)13:00頃に実施が予定されていましたが、スマートコントラクト監査企業のChainSecurityにより「リエントラント攻撃」と呼ばれるセキュリティの脆弱性が発見され、実施が再び延期となりました。
今回のハードフォーク延期によってイーサリアムの保有者は何もする必要がないとしていますが、仮想通貨取引所やマイナーなどノード運営者は「Geth」や「Parity」を最新版へアップデートする必要があるとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。