ニュースまとめ

仮想通貨を題材にした上田岳弘氏の小説「ニムロッド」が芥川賞受賞

1月16日(水)、第160回芥川龍之介賞の選考委員会が開催され、上田岳弘さんの「ニムロッド」と町屋良平さんの「1R(いちらうんど)1分34秒」が授賞作に決まりました。

主人公はサトシ・ナカモト

小説「ニムロッド」は、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)をマイニングするという新規事業を任されたIT企業社員・中本哲史を主人公とした物語。あらゆるものが情報化した社会の生きづらさを描いた作品です。

芥川賞を受賞した小説「ニムロッド」の購入はこちらから

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター。クレジットカードは3枚を使い分け、PayPayやLINE Payを利用するなど、キャッシュレス決済愛好家。「塵も積もれば山となる」で熱心にポイ活しています。

- Asuka の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。