オリジナル電子マネープラットフォーム「ポケペイ」で発行される独自通貨「favyPay」、本日より本格スタート

株式会社ポケットチェンジは、1月17日(木)にグランドオープンするシェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA(リダイン 銀座)」に、外貨を国内外の電子マネーに交換可能なポケットチェンジ端末を設置することを発表しました。

店内のポケットチェンジ端末では、オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」によって、外貨や日本円から独自通貨「favyPay」に交換可能。「favyPay」を使うことで、店内で快適・便利にスマホ決済ができるようになります。

キャッシュレス社会の実現を目指す

以下、プレスリリースより引用。

「現金の煩わしさから社会・人々を解放する」をミッションに、滑らかにキャッシュレス社会の実現を目指す株式会社ポケットチェンジでは、「re:Dine GINZA」での取り組みをはじめ、小売店・飲食店・ショッピングセンター・会員施設などのハウスマネー発行や、自治体・DMOなどの地域通貨の発行などによるキャッシュレスの実現および集客、顧客エンゲージメントを支援しています。

シェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA」とは

飲食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)が運営する、日本初となるシェフのためのコワーキングスペース。独立や起業を目指す次世代のシェフの挑戦を応援するべく、120の客席とホールスタッフ、5つのキッチンを備えたシェア型レストランです。お支払いは、favyの独自通貨(オリジナル電子マネー)である 「favyPay」をはじめ、完全なキャッシュレス化に挑戦します。

店舗住所:東京都中央区銀座4丁目3-1 9F (東京メトロ銀座駅 C8出口を出てすぐ)
営業時間:ディナー 17:00〜23:00(フードL.O. 22:30)
店舗HP: https://ginza.redine.jp/

favyPayとは

「re:Dine GINZA」の他、「coffee mafia」全店など、株式会社favyの直営店舗でご利用いただけるfavyの独自通貨(オリジナル電子マネー)です。(今後、favyPayが使えるお店は、順次拡大予定)

・iOS版のダウンロードはこちらから

・Androidの方は、Google Playストアから「ポケペイ」アプリをダウンロード&インストールし、右上の「+」ボタンをタップ。検索窓に「favy」と入力の上、favyPayウォレットを追加することで利用可能。

「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」とは

小売店・飲食店や各種施設、地方自治体などの事業者が、初期のシステム導入コストや決済手数料無料で、自社オリジナルの電子マネー(ハウスマネー・地域通貨など)を発行し、スマホ決済が導入できるプラットフォームです。
外貨や日本円1円単位からチャージ可能な現金チャージ機、お釣りを直接マネーチャージ可能なシステム、ポイント付与やクーポン配信などの各種販促機能が付帯するなど、活用方法も様々。キャッシュレス化の実現と顧客エンゲージメントを容易に強化することができます。

サイトURL:https://pay.pocket-change.jp/

「ポケットチェンジ端末」とは

海外旅行で余った外貨現金を、通常、両替ができない硬貨も含めて、1セント・1円から、その場で即時、交通系電子マネーやAmazonギフト券、WeChat Payなど、国内外の主要な電子マネーやギフト券に交換できる専用キオスク端末です。自社設計・開発の同端末は、国内の主要国際空港や駅、商業施設など全国約35か所に設置されています。会員登録などの手続きも一切不要、30秒~1分程度で、外貨や日本円小銭をキャッシュレス化することができます。
利用方法や交換先、設置場所などの詳細は、https://www.pocket-change.jp/をご確認ください。
※ 「re:Dine GINZA」設置端末では、favyPayのPAYに加え、交通系ICやAmazonギフト券、WeChat(微信)などへの交換も可能。通常の端末と同様にご利用いただけます。

おすすめ記事

Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がなく、お得情報の配信に尽力しています。 趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。