三菱UFJ、フィンテック投資拡大へ 新ファンド200億円規模

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG) は、金融とITを融合させたフィンテック関連のスタートアップ企業などに投資する新ファンドを組成すると発表しました。

フィンテックへの投資を加速

新ファンドの規模は200億円。

投資資金は国内だけでなく、アメリカやアジア市場など海外企業にも振り向ける方針だという。

金融サービスの変革を踏まえ、高度なフィンテック技術をもつ企業との関係を強化する模様です。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!