ブロックチェーン企業Crypto Garage、日本政府から「サンドボックス制度」金融分野初の認定受ける

インターネット事業を展開するDigital Garage(デジタルガレージ)の子会社である、ブロックチェーン金融サービスを手がけるCrypto Garage(クリプトガレージ)が、日本政府から「サンドボックス制度」の認定を受けたことが明らかになりました。

Liquid Network活用の決済実証実験を実施


「サンドボックス制度」とはフィンテック、自動走行、人工知能(AI)などといった革新的な技術に対する規制を一時的に停止し、期間や地域を限定して実証を行える制度のことです。

Crypto Garageは1月21日(月)、日本政府からブロックチェーンならびに金融分野で第1号となる「サンドボックス制度」の認定を受けたことを発表しました。

認定を受けたことで、Crypto Garageは仮想通貨と法定通貨建てトークンの同時決済サービスの実証実験を行うとしています。

実証実験ではBlockstreamが2018年10月に発表したサイドチェーン「Liquid Network」を活用。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)に裏付けされたトークン(L-BTC)と交換可能な円建てトークン(JPY-Token)を発行し、アトミックスワップ(取引所なしで仮想通貨取引が可能になる仕組み)を用いて「Liquid Network」上のL-BTCとJPY-Tokenをリアルタイムで同時に決済可能とのことです。

関連記事


ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。