BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

韓国政府が仮想通貨取引所に関する追加措置を議論

価格高騰のニュースが続き、「ビットコインバブル」ともいわれていたビットコイン。12月16日に最高値約20,000ドル(221万円)に到達した後は下降を続けています。12月22日には約14,000ドル(160万円)まで下落。その後は16,000~17,000ドルを推移していましたが、12月28日に15,000ドル(約170万円)を下回り、今もそのあたりで推移をみせています。
ビットコインが下落しているのにはいくつかの理由がありますが、なかでも大きな要因に韓国政府が仮想通貨取引所に関する追加措置を議論していることが挙げられます。

韓国政府が仮想通貨取引所を閉鎖するために追加措置を議論

「仮想通貨は実際の通貨としての役割を果たすことができない。また過度なボラティリティによる大きな損失を生み出す可能性があると警告をしてきた」と声明を発表した韓国政府。以前にも仮想通貨に対する課税計画を発表していましたが、韓国の取引所ではほとんどの仮想通貨の取引価格が他国に比べて高い点も指摘。追加措置として匿名のアカウント開設を禁じ、必要に応じて政府が取引所を閉鎖できるようにするという内容の法律を議論しているそうです。この影響により28日12時ごろに15,000ドル(約170万円)まで下落。現在は14,5000~15,000ドルの間で推移しています。

2017年に誰もが驚くほど高騰を続けたビットコイン。2018年の動向からも目が離せません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP