福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」、沖縄銀行と連携

福岡銀行が提供するスマホ決済サービス「YOKA!Pay」が、2019年春頃から沖縄銀行と連携することが発表されました。

決済サービスの相互利用に対応

以下、プレスリリースより引用。

株式会社福岡銀行(取締役頭取 柴戸 隆成)は、スマホ決済サービス「YOKA!Pay」(よかペイ)について、株式会社沖縄銀行(取締役頭取 山城 正保)が2019年春頃を目処に取り扱いを開始するスマホ決済サービスと連携することとなりましたのでお知らせ致します。

YOKA!Payは、クレジットカード等のカード決済や事前入金が必要となる電子マネーとは異なり、「スマホを使った銀行口座からの即時引き落とし」を可能とする新たなキャッシュレスの決済手段をご提供するものです。

既に連携済みの横浜銀行、熊本銀行、親和銀行、導入を予定しているりそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)、ゆうちょ銀行に加えて、今回沖縄銀行が銀行Pay(マルチバンク対応)に参加することで、お客さまの利便性がさらに高まることとなります。

福岡銀行では今後も、他の金融機関との銀行Pay(マルチバンク対応)の拡大を進めていきます。

銀行Pay(マルチバンク対応)

銀行Pay(マルチバンク対応)とは、各金融機関が展開するスマホ決済サービスの総称で、お互いのユーザーがお互いの加盟店で相互利用が可能となる仕組みを持ちます。
例えば、「YOKA!Pay」個人ユーザーは、「YOKA!Pay」加盟店に加えて、沖縄銀行が展開するスマホ決済サービスの加盟店でも決済ができ、沖縄銀行の同サービスの個人ユーザーは「YOKA!Pay」加盟店での決済が可能となります。

※ 2019年1月21日時点。参加予定金融機関含む

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。