京都の二条城、入城料がクレジットカードや電子マネーなどで支払い可能に

京都府京都市にある世界遺産の二条城において、2019年4月から入城料の支払いでクレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済に対応することが明らかになりました。

外国人観光客の利便性向上を狙う


二条城には年間200万人が訪れており、外国人観光客は6割以上を占めていると言われています。
外国人観光客の利便性向上を狙うため、4月から二条城においてキャッシュレス決済を導入することが明らかになりました。

決済方法はクレジットカード、SuicaICOCAなど交通系電子マネー、WAONnanacoなど電子マネー、そしてAlipayWeChatPayといった海外の決済サービスに対応。
各決済は入城料、二の丸御殿観覧券、展示収蔵館入館券、音声ガイド機の貸し出し、二条城一口城主募金などの支払いで利用できるようになるとのことです。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。