ニュースまとめ

仮想通貨取引所コインベース、アジアにおける大口顧客向けのサービス拡大へ SWIFT活用の送金サービス提供も

アメリカの大手仮想通貨取引所coinbase(コインベース)が、アジアの大口顧客に向けたサービスを拡大すると発表しました。

アジアでのサービス拡大に力を入れるcoinbase


coinbaseはアジアの大口顧客を対象に、機関投資家向けの取引プラットフォームや「Coinbase Custody」を拡大する方針を明らかにしました。
また、アジアの顧客がアメリカ外の銀行口座から資金の入出金が行えるよう、SWIFTを活用した送金サービスの提供も行うとしています。

coinbaseは今後三菱UFJ銀行と提携し、日本への進出が予定されています。今回の取り組みと合わせ、coinbaseがアジア地域でのサービス拡大に力を入れていることがうかがえます。

coinbaseによる公式発表はこちら

関連記事

関連記事

アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が、2016年7月に10億円を同社へ出資した大手銀行の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と提携し、日本進出を目指すことが明らかになりました。(adsbygoo[…]

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。