ブロックチェーン企業Chaintope、Lightning Network活用の独自トークン・コイン発行プラットフォーム「Inazma」発表

ブロックチェーン技術の研究開発を手掛ける株式会社Chaintopeが、独自トークン・コイン発行のためのプラットフォーム「Inazma」を発表しました。

高速な独自トークン・コインの発行が可能に


以下、プレスリリースより引用。

ブロックチェーン基盤技術の研究開発を手掛けるChaintopeは、パブリックブロックチェーン上で高速処理が可能な、独自トークン・コイン発行のためのプラットフォームである「Inazma」を発表します。

スケーリングと独自トークン・コイン発行の両立

企業独自通貨、電子マネー、ポイントプログラム、決済といった用途にブロックチェーンの利用検討が進められていますが、その適用に際しては、処理速度、分散性、ブロックチェーン上での独自トークン等の表現、セキュリティなどの課題が存在しています。

Inazmaはパブリックブロックチェーンを用いたプラットフォームとして高い分散性を保持し、Bitcoinのセカンドレイヤー技術として実質的なデファクトスタンダードであるLightning Networkを拡張することによって処理の高速化を図りつつ、ブロックチェーン上で資産などを表象する独自のトークンやコインを発行することを可能とします。

独自トークンやコインの発行に関する現状

ブロックチェーン上で何らかの資産や権利を表象する、トークンやコインといったものを取り扱うためには、それら個別の資産や権利をブロックチェーン上で識別する必要があります。

他方、特定の主体による管理機能抜きにこれらの取引を行うパブリックブロックチェーンにおいては、そのコンセンサスアルゴリズムの制約上、これまで処理速度・処理容量に限界がありました。

Inazmaは、ブロックチェーン上の識別情報を保つと同時に、パブリックブロックチェーンの中で設計上最も安定性のあるBitcoinブロックチェーンにおけるLightning Networkを組み合わせることにより、上記のような課題を解決するために開発を進めているものです。

ロードマップと実装に向けたユーザー様及びパートナー様募集

今後Inazmaは、実際のサービスとしての利用を見据えた実証実験などを通じ、2019年中のサービス実装を目指しています。

詳しくは、Inazmaウェブサイトをご覧ください。
https://www.chaintope.com/inazma/
実証実験やサービスへの実装のためのビジネスパートナー様を募集しております。ご関心のある方は、下記問い合わせ先まで、ご連絡ください。

Chaintope CTO安土茂亨からのコメント

Inazmaは既存のLightnint Networkを拡張し、Colored Coinをオフチェーンで取引できるようにしたプロトコル実装で、ChaintopeではBitcoinベースの、Bitcoinではないアセットを高速取引できるプラットフォームの構築を行っています。
ブロックチェーンの登場と共に企業から個人まで様々なプレーヤーにより、デジタルアセットをベースとした新しいビジネスモデルの検討がなされていますが、パブリックなブロックチェーンでこのようなアセットを取り扱う際の課題としては1次レイヤーにおけるスケーリングの課題がそのまま残ります。Inazmaはこのようなスケーリングの課題およびアセット取引の際のプライバシーの課題をペイメントチャネル技術を利用することで解消します。

Inazma開発責任者からのコメント

これまでBitcoinネットワーク上で発行されたColored Coinのスケーラビリティに関して、実験的な取り組みはあったものの本格的な利用を想定した実装例はありませんでした。なぜColored Coinでの決済にLightning Networkを使おうとしないのか?その謎を解くべく私たちはInazmaの実装を開始しました。
技術的にはLightning Networkの標準仕様であるBOLT(Basis of Lightning Technology)を拡張する形で進めていますが、他のColored Coinトークン仕様への対応やスワップの実装などへの取り組みも進める予定です。
Colored Coinでの決済にLightning Networkを利用することにより、スケーラビリティの課題を解決し、Bitcoin上での独自通貨やトークンの利用がより促進されると考えています。

Chaintopeについて

「ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する」ことをミッションとして掲げるブロックチェーンテクノロジーカンパニー。

パブリックブロックチェーンの技術開発に強みを持ち、それらの技術的進化への貢献や社会実装、事業化に向けた取り組みに邁進しています。

社名:株式会社chaintope
代表:正田 英樹
所在地:福岡県飯塚市
Website:https://www.chaintope.com/

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。