ナスダック、アメリカのブロックチェーン企業Symbiontに21億円を出資

世界最大の証券取引所として知られるNasdaq(ナスダック)が、アメリカ・ニューヨークのブロックチェーン企業Symbiontに2,000ドル(約21億円)を出資していたことが明らかになりました。

Citiなども出資に参加


Symbiontは、ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用した金融機関向けのプラットフォーム「Assembly」を手がけています。
今回の出資はナスダックだけでなく、アメリカの金融大手で知られるCiti、Galaxy Digital、Raptor Groupも参加しているとのことです。

ナスダックは2019年からビットコイン(Bitcoin/BTC)先物取引を開始する予定です。
また先日、ナスダックのCEOであるAdena Friedman(アデナ・フリードマン)氏が「仮想通貨は将来グローバル通貨となる可能性がある」と発言しており、ナスダックによる仮想通貨・ブロックチェーン関連事業にさらに注目が集まってきています。

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。