シンカクラウド、QRコード決済に対応 来年夏には「LINEPay」「PayPay」「楽天ペイ」などに順次対応

セガとコナミが共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービス「Thincacloud(シンカクラウド)」は、新たにQRコード決済「Alipay(アリペイ)」・「WeChat Pay(ウィーチャット ペイ)」に対応します。

また、2019年夏以降に「楽天ペイ」「d払い」「LINEPay」「PayPay」といった国内のQRコード決済サービスにも順次対応する予定です。

来年夏には「LINEPay」「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」などに対応予定

以下、プレスリリースより引用。

株式会社セガ・インタラクティブ(本社:東京都大田区 代表取締役社長 CEO:杉野行雄)は、株式会社コナミアミューズメント※1(本社:愛知県一宮市 代表取締役社長:沖田勝典)と共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービス(以下、本サービス)が新たに QR コード決済へ対応することを発表します。

本サービスは、TF ペイメントサービス株式会社(以下 TFPS)※2 の提供するクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」を採用しており、「シンカクラウド」が新たに QR コード決済にも対応することに合わせ、本サービスでも QR 決済が可能となります。

第一弾として、2019 年春に中国のアリババグループの関連会社 アント フィナンシャル サービスグループが提供する、世界有数の決済およびライフスタイルプラットフォーム「Alipay(アリペイ)」と、同じく中国で多く利用され、コミュニケーションアプリ「WeChat(ウィーチャット)」内で提供される決済サービス「WeChat Pay(ウィーチャット ペイ)」に対応し、さらに、2019 年夏以降に「楽天ペイ」「d 払い」「LINEPay」「PayPay」といった国内の QR コード決済サービスにも順次対応する予定です。

▲シンカクラウドで対応予定の QR コード決済ブランド

「シンカクラウド」では、クラウド上で決済処理を行うため、店舗側や端末に提示・表示された QRコードを消費者がスマホのアプリで読み取って決済する「店舗掲示型(読み取り支払い)」の決済サービスと、消費者が提示した QR コードを店舗の端末や POS レジで読み取り決済する「消費者提示型(コード支払い)」の決済サービスの両方式への対応が可能です。本サービスでは「店舗掲示型(読み取り支払い)」の決済サービスを使用するため、店舗側はカメラなど追加の設備投資が必要なく、すでにアミューズメント機器に設置されている「シンカターミナル」を取り外すことなく、ソフトウェアをオンラインアップデートするだけで対応が可能となります。

本サービスは、交通系電子マネーや、各種電子マネー、さらにアミューズメント独自のサービスを展開する遊べる電子マネー『PASELI(パセリ)※3』などがひとつのシステムおよび決済機器で運用できるソリューションですが、今回の対応により QR コード決済と電子マネー決済の両方が使用可能となります。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!