ニュースまとめ

格安SIMの日本通信、フィンテック実証実験が金融庁から高評価を獲得

格安SIMカード「b-mobile」など通信事業を展開する日本通信株式会社が、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」において高評価を得たことが明らかになりました。

「FinTech実証実験ハブ」で高評価


「FinTech実証実験ハブ」は、フィンテック企業や金融機関による実証実験を金融庁がサポートするものとなっており、これまでに三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、マネーフォワード、デロイトトーマツグループなど、さまざまな企業の案件が「FinTech実証実験ハブ」で採用されてきました。

日本通信も「FinTech実証実験ハブ」で選定されており、独自のフィンテックプラットフォーム「FPoS(エフポス)」を利用したスマートフォンでの金融取引の実証実験を行なってきました。
1月24日(木)に金融庁が公表した実証実験の結果概要では、日本通信を「サブSIMを用いた新たな本人認証方法が、ワンタイムパスワードなどを使用する現行の方法と同等以上のセキュリティ(取引内容の改ざん防止を含む)を確保しつつも、利便性を損なわずに本人認証などが実現可能である」と評価しています。

通信事業で知られる日本通信ですが、今後はフィンテック事業にも注目です。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Rioka の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。