ニュースまとめ

決済方法調査 リアル店舗でのクリスマスプレゼント購入は、約半数が「キャッシュレス」と判明

『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年12月度)』において、キャッシュレス決済の浸透率や、ECサイトの利用率など、現状どのくらいの利用者が存在するのか調査結果が発表されました。

リアル店舗において現金購入者が下回る結果に

以下、プレスリリースより引用。

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年12月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全119ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

調査結果の概要

3割以上が、クリスマスプレゼントをスマートフォンから購入

2018年、クリスマスプレゼントを購入した人は36.0%でした。そのうち、「百貨店や専門店などのリアル店舗」で購入した人は57.6%、「スマートフォン」からインターネットやアプリで購入した人は33.8%、「パソコン」からインターネットで購入した人は31.6%でした。年代別に見てみると、10代では「スマートフォン」から購入した人の割合(59.4%)が、「百貨店や専門店などのリアル店舗」で購入した人の割合(43.8%)を上回りました※。
※複数回答あり。

リアル店舗でのクリスマスプレゼント購入は、約半数が「キャッシュレス」

リアル店舗でクリスマスプレゼントを購入した人のうち、支払いが「現金」だった人は52.6%、「現金ではなかった」人は47.4%でした。「現金ではなかった」人が支払いに利用した方法として最も多かったのは「クレジットカード」(75.0%)で、続いて「流通系電子マネー(nanacoなど)」(10.2%)、「QRコード・バーコード決済(PayPayなど)」(7.4%)でした※。
※複数回答あり。

10代の4割強が、LINEの「SHOPPING GO」を認知

リアル店舗での商品購入時、LINE内に表示される専用のバーコードを表示することで「LINEポイント」がもらえる「SHOPPING GO」を知っている人は36.4%でした。年代別で見てみると、10代は43.0%、20代は38.5%、30代は37.0%、40代は34.0%、50代は33.0%、60代は36.0%で、いずれの世代においても3割以上が認知していました※。
※「知っており、利用したことがある」「利用したことはないが、興味がある」「利用したこともないし、興味もない」の合計。

3大ECサイトの歳末セール認知率1位は「Amazon サイバーマンデーセール」

2018年11月末から12月に開催された「Amazon」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」のセールのなかで最も認知率が高かったのは「Amazon サイバーマンデーセール」(44.5%)、次いで「Rakuten スーパーSALE」(43.6%)、「Yahoo!ショッピング 年末プレミアム会員セール」(22.8%)でした。また、「いずれも知らなかった」と答えた人は33.8%でした※。
※複数回答あり。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!