ニュースまとめ

ブロックチェーン活用スマホ「FINNEY」が日本で販売開始

スイスに本社を構えるSIRIN LABS(シリンラボ)が手がけたスマートフォン「FINNEY(フィニー)」が、本日1月29日(火)から日本でも販売を開始しました。

世界初のブロックチェーン活用スマホが販売開始

 

「FINNEY」はAndroid端末となっており、独自の「SIRIN OS」が搭載されています。
「SIRIN OS」ではコールドウォレット、マルチブロックチェーンDAppストア、トークンコンバージョンサービスなどといった仮想通貨やブロックチェーン関連の機能が実装。
世界初となるブロックチェーン活用のスマートフォンであることから、発売前から「FINNEY」に多くの注目が集まっていました。

本日1月29日(火)から、SIRIN LABSの公式サイトにおいて「FINNEY」の販売が開始されました。価格は98,368円で購入時はクレジットカードやPayPalなどで支払い可能とのこと。

また1月30日(水)・31日(木)にパシフィコ横浜で開催される「Japan Blockchain Conference」で「FINNEY」の直接販売を行うほか、AmazonやSIRIN LABSの実店舗でも今後取扱いが予定されています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!