ニュースまとめ

オフィス向け無人コンビニ『600』が1億円の資金調達 累計商品販売数は20,000個を突破

「100社100通りのカスタマイズ」を特徴とする、コンシェルジュ機能付きのキャッシュレス無人コンビニ「600」(ろっぴゃく)は、1億円の資金調達を発表しました。

製造と物流の強化で10倍の成長へ

以下、プレスリリースより引用。

「100社100通りのカスタマイズ」を特徴とする、コンシェルジュ機能付きのキャッシュレス無人コンビニ「600」(ろっぴゃく)を提供する600株式会社(本社:東京都 中央区、代表取締役:久保 渓、以下 600)は、第三者割当増資により朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、AGキャピタル、アプリコットベンチャーズ等より1億円を調達しましたことをご報告いたします。

出資の背景

600は2018年6月の正式展開以来7ヶ月強となりますが、「株式会社Lang-8 」や「Wovn Technologies株式会社」のような20名〜50名程のスタートアップ企業から、「LINE株式会社」や「KDDI株式会社」のような、社員数1,000人以上の大企業まで多くの企業に導入いただいており、設置契約数は50箇所を超えております。
600はコンビニに通常置いてあるお菓子や飲料、弁当、惣菜などの定番商品以外にも、八ツ橋など観光地を代表する人気の土産菓子から、みかんやマスカットなどの果物、多国籍な職場に対応するハラルフード、バレンタインチョコレート等のシーズン商品などを補充しております。無料通話アプリの「LINE@」やビジネスチャットツールの「Slack」を通じ、社員から直接コンシェルジュが要望を受ける機能の好評により、累計商品販売数は20,000個を突破しました。

利用ユーザーの中には、月間で1万円以上商品購入してくださる方も出てきており、1箇所での日販も通常の置き菓子サービスが250円〜500円のところ7,000円以上の売上を記録するなど、利用者の習慣に根ざしたサービスに成長しております。
このたび調達した資金は、急増する引き合いに対応するために無人コンビニの製造体制及び物流網の強化に充て、2019年中に契約箇所数500箇所と累計販売数20万個とそれぞれ10倍の成長を見込んでいます。

600代表久保のコメント

600の提供する無人コンビニの商圏である徒歩1分圏内の「半径50m」商圏は、半径500mを商圏とするコンビニより10倍近いという顧客体験を核に、今後20年で10兆円市場まで育つと私達は信じています。その中で600は2024年までに1万箇所への設置と1箇所あたりの平均日販30,000円を達成することで年間1,000億円の取扱規模を実現するべく、ステークホルダーの皆様とともに市場を切り開いていきます。

引き受け企業からのコメント

朝日メディアラボベンチャーズ 山田 正美 氏

600社が取り組むのは「キャッシュレス」「小売の無人化」「IoT」「購買データ」といった、日本企業だけでなくグローバル企業が注目している領域です。かつて「インターネット決済」の領域にいちはやく取り組み、その領域を知り尽くしたシリアルアントレプレナーの久保さんが実現する世界に期待しています。

SMBCベンチャーキャピタル 森田 諒 氏

コンビニより小さな50m商圏の無人コンビニは買物の在り方を大きく変える可能性を秘めています。一方で、その利便性を担保するためには、新しい商圏に合わせた物流網の構築とMD最適化という難題を解決していかなければなりません。WebPayを手掛けた久保社長を中心とする600のメンバーがテクノロジーの力とその胆力で、この難題を解決していくことを期待しています。

AGキャピタル 羽生 広 氏

600社は完全キャッシュレスやオンデマンド等の「買い物の未来」をデータ主導、かつ消費者の一番近くで実現する仕組みです。AGCはアイフルグループの一員として、デジタル技術で消費者に寄り添う600社の企業姿勢に共感し、この画期的な仕組みにおける決済を中心とした金融機能の支援を通じて「買い物の未来」にコミットしてまいります。

アプリコット・ベンチャーズ 白川 智樹 氏

エンジェルラウンドに続き追加出資させていただきました。ウェブペイ時代から応援している同い年起業家の久保さん。600社が目指している「半径50m」商圏が世の中に浸透していくのを、引き続き応援していきます!

600株式会社 代表取締役 久保渓プロフィール

1985年、長崎市生まれ。高校卒業後、米国Carleton Collegeに進学。政治科学とコンピュータ科学のダブルメジャーで卒業。2008年にIPA未踏事業に採択。同年、Webサービス売却を経験。
2010年3月にサンフランシスコで fluxflex, inc.(フラックスフレックス)を創業。
2012年帰国。2013年5月に ウェブペイ株式会社を創業。クレジットカード決済サービス「WebPay」をリリース。2015年2月にLINE株式会社の傘下となる。2015年3月よりLINE Payの立ち上げに参画。
2017年5月にLINE Payが国内3000万ユーザーを突破したのを区切りとして退職。2017年6月に 600株式会社を創業。無人コンビニ(自販機)の「600」を提供している。

600株式会社 について

『600株式会社』は、2017年6月からオフィス向け無人コンビニ『600』を運営しております。
オフィス向け無人コンビニ「600」は、必要としているものをキャッシュレスで購入することができるクレジットカード決済と、​商品の売れ行きなど利用ユーザーの動向を定期的にレポーティングし、データに基づいた改善が可能なことが特徴です。また、導入企業様それぞれのご要望による品揃えのカスタマイズも可能であり、新しいユーザー体験・最先端の購買体験を提供しています。

600株式会社 会社概要

社名 : 600株式会社
代表者:代表取締役 久保 渓
所在地:東京都中央区日本橋堀留町2丁目10-9 清紅ビル1F
設立 :2017年6月
事業内容:無人のミニ・コンビニエンスストア事業の展開
オフィス向け無人コンビニ「600」の運営
URL :https://www.600.jp/

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!