ニュースまとめ

主要ネット証券初、投資成績が一目でわかる「俺の投資力診断」提供開始

マネックス証券株式会社は、2019年1月31日(木)より、国内株式パフォーマンス測定ツール「俺の投資力診断」の提供を開始しました。

株式取引の収益、標準偏差などの管理が簡単に

以下、プレスリリースより引用。

本測定ツールは、主要ネット証券で初めて(※1)お客様ご自身の指標のみならず、TOPIXの値やマネックス証券口座での株式保有者との指標を比較する機能を搭載いたしました。これにより、お客様の投資行動がマーケット上でどの位置にあるのかを相対的に視覚とデータで管理することができ、今後の投資行動を見直すきっかけとしていただけます。
 また、個人投資家が管理することが難しい、株式取引の収益、標準偏差、シャープレシオ等の指標を簡単に管理することも可能になります。

「俺の投資力診断」の概要

(1)提供開始日:2019年1月31日(木)
(2)利用条件:マネックス証券に証券総合取引口座を保有し、本測定ツールの利用規定に同意いただけること。
(3)利用料金:無料
(4)機能:
  お客様の証券総合取引口座、トレードステーション口座ならびにNISA口座・ジュニアNISA口座に保有する
  国内株式(現物・信用取引を含む)、ETF(国内上場投資信託)、ETN(国内上場投資証券)、J-REIT(国内
  不動産投資信託)および預り金・MRFを対象として、収益ならびに標準偏差等の実績を算出いたします。
(5)特徴:
  ・収益と標準偏差をマネックス証券口座での株式保有者やTOPIXと比較することができます。
  ・本ツールユーザーの保有銘柄や売買銘柄を参考にすることができます。(※2)
(6)獲得できる指標:
  収益率/収益額、標準偏差、シャープレシオ、勝率、最大ドローダウン、ペイオフレシオ、日次ブレ幅

「俺の投資力診断」画面イメージ

※ 指標の表示仕様は、今後変更される可能性がございます。

※1 2019年1月31日現在、マネックス証券調べ。主要ネット証券初は、収益や標準偏差を基にパフォーマンスを測定する専用ツールを指します。主要ネット証券は、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券を指します。

※2 他のお客様の特定はできません。そのため、特定のお客様の投資行動を継続して確認することはできませ
ん。

 詳細はマネックス証券ウェブサイト(https://info.monex.co.jp/news/2019/20190131_01.html
をご覧ください。

 今後もマネックス証券は、2018年11月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります。
https://www.monexgroup.jp/jp/group/brand_statement.html

                                             以 上

俺の投資力診断に関する重要事項

当社は、俺の投資力診断(以下、本サービス)の内容につき、その正確性や完全性について保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。

マネックス証券株式会社について

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!