住信SBIネット銀行、決済代行業者のネットムーブを完全子会社に 銀行・決済サービスを一体化

住信SBIネット銀行が、決済代行業者のネットムーブを100%出資の完全子会社とすることが発表されました。

提供する決済サービスの高度化目指す

ネットムーブを子会社化したことで、決済サービス事業などの一体運営化を進めていくとのこと。
住信SBIネット銀行が持つ最先端のテクノロジーと、ネットムーブが有する高いシステム設計・開発力などを融合させることで、決済分野において提供サービスの高度化の実現を目指すとしています。
さらに、ネットムーブの技術を活用したインターネットバンキングのセキュリティ向上を図っていくとのことです。

なお住信SBIネット銀行は先日、日立の人工知能(AI)「Hitachi AI Technology/Prediction of Rare Case」を住宅ローンの審査において活用していくことを明らかにしています。
さまざまなテクノロジーと融合した金融サービスを提供する住信SBIネット銀行に今後も注目です。

関連記事


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。