ニュースまとめ

ウィキペディア、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)で寄付が可能に

インターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」において、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)を用いてウィキメディア財団へ寄付を行えるようになりました。

ウィキペディアで仮想通貨による寄付が可能に

ウィキペディアは非営利で運営されていることから、以前からユーザーからの寄付によって運営費の多くを賄ってきました。
クレジットカードPayPal(ペイパル)による寄付が可能でしたが、ウィキペディア財団と仮想通貨決済サービスBitPayが提携を行なったことで、ビットコインやビットコインキャッシュを用いた寄付も行えるようになりました。

ウィキペディア財団のSonny Singh氏は「ビットコインやビットコインキャッシュは低コストな寄付方法の1つであり、より多くの金額を非営利団体に寄付するのに優れた方法だ」と述べています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!