ドイツの大手証券取引所が仮想通貨取引アプリ「BISON」リリース BTC、ETH、LTC、XRPが無料で売買可能

ドイツで2番目に大きいと言われる証券取引所Boerse Stuttgart Group(ベールゼ・シュトゥットガルト・グループ)が、仮想通貨取引アプリ「BISON(バイソン)」をリリースしました。

手数料無料で仮想通貨取引が可能

「BISON」はBoerse Stuttgart Groupの子会社であり、フィンテック企業のSowa Labsが開発。iOS版とAndroid版の配信が開始されています。
手数料無料でビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)リップル(Ripple/XRP)の取引を行うことができるほか、AI(人工知能)が仮想通貨に関するツイッターのツイートを集計・分析し、ユーザーへリアルタイムで仮想通貨市場の情報を提供する「Cryptoradar」ツールが導入されています。

現在ドイツで利用可能となっていますが、2019年末までに他のヨーロッパのユーザーも24時間アクセス可能にするとのことです。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。