ニュースまとめ

ドイツの大手証券取引所が仮想通貨取引アプリ「BISON」リリース BTC、ETH、LTC、XRPが無料で売買可能

ドイツで2番目に大きいと言われる証券取引所Boerse Stuttgart Group(ベールゼ・シュトゥットガルト・グループ)が、仮想通貨取引アプリ「BISON(バイソン)」をリリースしました。

手数料無料で仮想通貨取引が可能

「BISON」はBoerse Stuttgart Groupの子会社であり、フィンテック企業のSowa Labsが開発。iOS版とAndroid版の配信が開始されています。
手数料無料でビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)リップル(Ripple/XRP)の取引を行うことができるほか、AI(人工知能)が仮想通貨に関するツイッターのツイートを集計・分析し、ユーザーへリアルタイムで仮想通貨市場の情報を提供する「Cryptoradar」ツールが導入されています。

現在ドイツで利用可能となっていますが、2019年末までに他のヨーロッパのユーザーも24時間アクセス可能にするとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス、サブスクリプション、シェアリングエコノミー、AI、キャンペーン情報など幅広い話題を日々執筆中。

- gbuma86 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。