リップル社、フォーブスの「最も革新的なフィンテック企業50社」に5年連続選出

アメリカの経済誌「Forbes(フォーブス)」が最も革新的なフィンテック企業50社を発表する「Fintech50」の2019年版において、Ripple(リップル)社が選出されました。

coinbase、Circleなど仮想通貨関連企業も選出

「Forbes」は「Fintech50」においてリップル社を「暗号通貨XRPで国境を越えた支払いを行えるようにするサービスを開始した。これはビットコインに次ぐ価値がある」と紹介。リップル社は今回を含め、「Fintech50」に5年連続で選出されました。

なお今回の「Fintech50」ではcoinbase(コインベース)Circle(サークル社)、Bitfury(ビットフューリー)などといった仮想通貨・ブロックチェーン関連企業も選ばれています。

2019年版「Fintech50」はこちら

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。