北海道「さっぽろ雪まつり」、スマホ決済「LINE Pay」「WeChat Pay」が利用可能に

ドラッグストアチェーン「サツドラ」のグループ企業である株式会社リージョナルマーケティングが、北海道で2月11日(月)まで開催中のイベント「第70回さっぽろ雪まつり」においてスマホ決済サービス2種の導入を発表しました。

「さっぽろ雪まつり」初のLINE Pay導入


「さっぽろ雪まつり」の大通会場とつどーむ会場の120店舗において、「LINE Pay」「WeChat Pay」が利用できるようになりました。
なお「LINE Pay」の導入は初、「WeChat Pay」は2度目の導入とのこと。
店舗側のオペレーション軽減と同時に決済環境を整えることで、サービスの向上と消費拡大を狙うとしています。

また「さっぽろ雪まつり」内の「白い恋人 PARK AIR」では、後払いサービス「Paidy(ペイディ)」が協賛ブースを出店中です。
協賛ブースにおいて「Paidy」のアプリをインストールすると、「DEAN&DELUCA」の冬季限定ホットドリンクが無料でプレゼントされます。

関連記事

LINE Payはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。