プロ野球界初“1円単位”の「価格変動制」チケット販売 7月16日楽天戦で導入

オリックスは本日、プロ野球界初の試みとなるAI(人工知能)を取り入れた「ダイナミックプライシング(価格変動制)」によるチケット販売を行うことを発表しました。

7月16日の楽天戦(京セラドーム)で初めて導入されます。

ファンのニーズに応じた「適正価格」で販売

「ダイナミックプライシング(価格変動制)」とは

試合日程、席種、市況、天候、個人の嗜好などに関するビッグデータ分析を基に試合ごとの需要予測を実施し、需要に応じたチケット価格の変更を自動的に行うことで、ファンの皆様のニーズに応じた「適正価格」で販売する仕組みです。

AIを活用した全シート対象の「ダイナミックプライシング(価格変動制)」による“1円単位”での価格設定は、日本プロ野球界初の試みとなります。

今後はプロ野球界のみならず、ファンの皆様のニーズに応じた「適正価格」で販売する仕組みが普及していくのでしょうか。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。