プロ野球界初“1円単位”の「価格変動制」チケット販売 7月16日楽天戦で導入

オリックスは本日、プロ野球界初の試みとなるAI(人工知能)を取り入れた「ダイナミックプライシング(価格変動制)」によるチケット販売を行うことを発表しました。

7月16日の楽天戦(京セラドーム)で初めて導入されます。

ファンのニーズに応じた「適正価格」で販売

「ダイナミックプライシング(価格変動制)」とは

試合日程、席種、市況、天候、個人の嗜好などに関するビッグデータ分析を基に試合ごとの需要予測を実施し、需要に応じたチケット価格の変更を自動的に行うことで、ファンの皆様のニーズに応じた「適正価格」で販売する仕組みです。

AIを活用した全シート対象の「ダイナミックプライシング(価格変動制)」による“1円単位”での価格設定は、日本プロ野球界初の試みとなります。

今後はプロ野球界のみならず、ファンの皆様のニーズに応じた「適正価格」で販売する仕組みが普及していくのでしょうか。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!