楽天、関通と物流分野における資本業務提携契約を締結

楽天は、 関通の兵庫県尼崎市の物流センターを活用し、「楽天スーパーロジスティクス」※1の物流サービスを提供開始します。

「楽天スーパーロジスティクス」の物流拠点として運営

本資本業務提携に基づき、楽天と関通は、それぞれのアセットを活用し、物流分野において連携します。

関通は、これまで培った物流センター運営のノウハウを活かし、同社の兵庫県尼崎市の物流センターを、「楽天スーパーロジスティクス」※1の物流拠点として運営します。

同施設は3月より、「Rakuten Fulfillment Center Amagasaki」(以下、「本物流センター」)として稼働開始予定です。

楽天は、関通から第三者割当増資を引き受け、2019年2月までに同社に出資します。

関通は、本第三者割当増資によって得た資金を、本物流センターの設備投資のためのシステム開発や設備投資に活用するとのことです。

また今後は、「Rakuten EXPRESS」※2でも、関通が顧客より受託する荷物を配送するなど、両社の連携をさらに強化する模様です。

※1「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」の出店店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスです。

※2「Rakuten EXPRESS」は、楽天の運営する配送サービスです。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!