PayPal、買収により新規アカウント数が急増 2018年通期売上は約155億ドル

オンライン決済サービスを提供する「PayPal」の第4四半期決算および2018年通期業績が発表されました。

四半期別の売上は42億ドルを達成

以下、プレスリリースより引用。

本リリースは⽶国本社 PayPal Holdings, Inc. にてリリースされた内容の抄訳となります。

グローバル決済においてのプラットフォーム及びテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Holdings, Inc. (Nasdaq: PYPL))は2019年1 ⽉ 30 ⽇に2018年第4四半期(2018 年 10 ⽉ 1⽇〜12 ⽉ 31 ⽇)の決算および通期の業績を発表しました。第 4 四半期では、収益は前年同期比13%増の42.3億ドルを達成。アクティブアカウント数(年に 1 回以上利⽤するユーザーの数)は当四半期に1,380万件の増加、その結果、合計決済件数は前年同期比28%増の29億件に上昇。取扱⾼の総合計は23%(FX ニュートラル:25%)増の1,640億ドルとなりました。

2018年通期では、収益は18%(FX ニュートラル:17%)成⻑し、154.5億ドルを達成。アクティブアカウント数(年に1回以上利⽤するユーザーの数)は17%成⻑し、2.67億⼈に到達。1アカウントあたりの決済件数は9%成⻑し、年間平均36.9件となりました。合計決済件数は27%成⻑し、合計99億件を達成。取扱⾼の総合計は27%(FXニュートラル:26%)増加、5,780億ドルとなりました。

PayPalの社長兼最高経営責任者(CEO)であるDan Schulmanは、次のように述べています。「2018年、当社は収益、新規アクティブアカウント、および当社プラットフォーム全体にわたるエンゲージメントについて、新たにベンチマークを設定しました。また、新製品の提供を開始し、既存の関係強化を図りました。それに加え、テクノロジー、小売、および金融の分野で最大かつ最も影響力のあるいくつかのグローバルブランドと新たな戦略的パートナーシップを締結しました。 2,100万件のマーチャントアカウントを含む2億6,700万件の顧客アカウントにサービスを提供するべく、私達はサービス提供エリアを世界中に拡大しました。2019年は私たちにとって、もう一つの大せつな意味を持つ年になると信じています。そして、私たちは強みを活かし、オープンデジタル決済プラットフォームのリーディング企業としての地位を示していきます。

第4四半期及び2017年通期の決算報告は以下のリンク先をご参照ください。(英語のみ)
https://investor.paypal-corp.com/news-releases/news-release-details/paypal-reports-fourth-quarter-and-full-year-2018-results

PayPalはこちらから

あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!