アマゾン、自動運転のスタートアップAuroraに投資

ネット通販世界大手のAmazon(アマゾン)が、アメリカ・シリコンバレーのスタートアップ企業であるAurora(オーロラ)に投資を行いました。

Auroraが580億円を調達

Auroraは自動運転技術の開発を行なっている企業です。Googleが次世代技術の開発を行うプロジェクト「X(エックス)」の自動運転開発部門元CTOである、Chris Urmson(クリス・アームソン)氏が創業したことで知られています。
Auroraは今回Amazonだけでなく、Sequoia、Lightspeed Venture Partnersなどから総額5億3,000万ドル(約580億円)の出資を受けています。
なおAmazonが自動運転技術への投資を公表するのは、今回が初めてとのことです。

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。好きな食べ物は発酵食品。ハムカツなのに。